成功者は何を見ているのか?

Pocket

ゴールドラッシュ

1848年に、アメリカ・カリフォルニア州のサクラメント近くの川で砂金が採取されたというニュースが報じられ、「ゴールドラッシュ」が始まった。
翌1849年には、一攫千金を夢見て、世界中から10数万人もの山師や開拓者たち(49ers)がカリフォルニアに押し寄せたのだが、、、
このゴールドラッシュで大儲けをしたのは、「金を追い求めて集まった人」ではなく、「金を掘らなかった人」であったというエピソードをご存知だろうか。

で、結局、誰が大儲けをしたかというと、、、

採掘用のシャベルとバケツを売った「サムエル・ブラナン」。
出稼ぎ労働者に送金・輸送・郵便のサービスを開始した「ウエルズ」と「ファーゴ」。
デニム生地の丈夫なズボンを作った「リーバイ・ストラウス」だった。

つまり、このゴールドラッシュで大儲けをしたのは、金を狙って集まった人ではなく、金を狙って集まった人にモノやサービスを売った人なのだ。

このようなエピソードは、人が群がるあらゆるシーンに存在する。

身近な例でいうと・・・
ブログやTwitter、Facebook、スマホ、、、他にもさまざまな人気イベントや行事、ニュースなども。
趣味や単なる消費者は別として、利用する側にとっては、初期に始めた人にもたらされる先行者利益と、その後ブームに一喜一憂する大勢の人を対象にビジネスを展開する一部の人だけが大きな利益を得ているのだ。

あなたは、この現実をどう捉え、どう活かせるか。。。

ブームを仕掛ける側はもちろんのことですが、ブームに群がる人に対して、いったい何を必要としているのか?どんなモノやサービスが役立つのか?という視点で見ると、そこには成功のヒント、大きな儲けのチャンスがあるということです。




このコンテンツはアクセス制限されています。
メンバーの方は以下のフォームよりログインしてください。

※はじめての方は「新規ユーザー登録」ページへ。

既存ユーザのログイン